中小企業・個人事業主
節税対策・税金対策
税金対策、節税対策の方法
個人事業主・中小企業さまのための税金対策・節税対策
法人税や消費税等、節税のためにできるきること
経費の使い方、資産の償却方法、期中・期末でできる対策など
節税対策・税金対策トップページメール電話相談
 
税金対策・節税対策ホーム > 別組織利用で税金対策 > 別会社設立の意義

税金対策の準備
 
期中の税金対策
 
期末の税金対策
 
別組織利用で税金対策
別会社設立の意義
別会社設立メリット
別会社設立デメリット
吸収合併(M&A)
税制適格合併のメリット
 
税制の利用

法人税法の解説
 
消費税の豆知識
 
銀行からの融資

子会社、別会社設立の意義と節税


/* */

子会社、別会社設立の意義と節税

新会社法施行によって、簡単に会社を設立できるようになりました。そのため、事業拡大や、別分野の事業展開に際し、別会社を設立することを検討することが多くなっています。

節税のために、会社を設立することを勧める情報もあふれていますが、実態を伴った形でなければ別会社の意義を税務署に指摘されかねません。

新しく作る会社が事業としての実態を伴ったものであることが重要になりますから、別会社の設立は会社運営上の必要性から行うもので、節税は結果的にそうなったというスタンスでいましょう。

このページの一番上へ