中小企業・個人事業主
節税対策・税金対策
税金対策、節税対策の方法
個人事業主・中小企業さまのための税金対策・節税対策
法人税や消費税等、節税のためにできるきること
経費の使い方、資産の償却方法、期中・期末でできる対策など
節税対策・税金対策トップページメール電話相談
 
税金対策・節税対策ホーム > 期中の税金対策 > 売掛金管理で節税

税金対策の準備
 
期中の税金対策
固定資産の除却
売掛金管理
社会保険・労働保険
クレジットカード利用
リース
キャッシュが必要
資金繰り予定表の作成
経費ではなく資産
社員教育による節税
通勤費による節税対策
食事手当・住宅手当
接待交際・広告宣伝費
会議費5000円基準
修繕費・資本的支出
給与・外注費
養老保険
クラブ活動
保養所
社員旅行
忘年会・新年会
表彰制度
提案制度
 
期末の税金対策
 
別組織利用で税金対策
 
税制の利用

法人税法の解説
 
消費税の豆知識
 
銀行からの融資

売掛金の管理

  1. 売掛金は課税対象
  2. 売掛金の管理

/* */

売掛金は課税対象

会社間の取引では、売掛・買掛という信用取引が多く行われていますが、特に、売掛金管理は会社経営にとって細心の注意が必要です。

なぜなら、代金の回収ができていなくても、売掛金は税金計算では売上金となり、課税対象となるため、売掛金には税金負担分が含まれているからです。

売掛金が多くなると税金面で不利になるばかりでなく、最悪の場合、資金繰りが上手くできず経営にも悪影響を及ぼすことになります。

このページの一番上へ

売掛金管理のしかた

  1. 売掛金の一覧表を作る
  2. 顧客ごとに回収のルールを決める
  3. 回収漏れがないようにチェックする
  4. 約束の期日までに入金がない場合は、支払を催促する

売掛金の管理をしっかりとやっていても、取引先の都合で売掛金の回収が不能になってしまうことがあります。

そのような不良債権(回収不能になった売掛金)について、一定の要件が満たされる場合に貸倒損失として損金に算入することが認められています。迅速に対応し節税につなげるためにも、日々のしっかりとした管理が大切です。

このページの一番上へ